相続問題・労務労働問題を扱うKAI法律事務所

KAIが目指すもの

質の高い法律のサービスと御依頼者の安心を実現します

KAI法律事務所は、弁護士5人の法律事務所です。全員が所長と一体となって仕事をしています。しかも、所長を含む複数の弁護士が各事件を担当し、ご依頼者とじっくり向き合い最善の解決方針をご提案し実行しております。そのため、様々な分野の事件も引き受けるということもしておりません。今後もご依頼者のためになることはなにかを常に考えて参ります。

KAI法律事務所 所長 
弁護士 奈良恒則

取扱い分野

取扱い分野
企業向け

労働審判

労働審判

弁護士紹介

所長を含む複数の弁護士が一つの案件を担当

KAI法律事務所弁護士

弁護士 奈良 恒則

弁護士 奈良 恒則
第一東京弁護士会所属
平成11年4月 第一東京弁護士会弁護士登録
平成13年 第一東京弁護士会・会社法研究部会会員
平成13年 経営法曹会議会員
(使用者側労務専門弁護士)
平成17年 事業再生実務家養成講座終了
(経済産業省人材育成プログラム)
平成18年9月 KAI法律事務所設立
平成20年6月 東京新宿ロータリークラブ会員

仕事において心がけていること

一つの出来事についても,人それぞれの受け止め方があります。依頼者の考え方や気持ちを素直に受け止めるように心がけています。そのうえでお話合いをしつつ方針を決めていくようにしています。

趣味

サイクリング,旅行,音楽鑑賞,読書(最近は日本人論にはまっています)。

著書・論文(共著・監修を含む)

相続関係

  • 「相続相談 標準ハンドブック (第2版)」
    平成25年11月1日 日本法令
  • 「遺言相談 標準ハンドブック」
    平成26年11月15日 日本法令

一般民事

  • 「土地・建物の法律と税金」
    平成26年4月10日 三修社
  • 「交通事故をめぐる法律と解決マニュアル」
    平成24年12月10日 三修社
  • 「ビジネスで活かせる内容証明郵便 最新109文例 」
    平成24年9月10日 三修社
  • 「特定商取引法・景品表示法のしくみと対策」
    平成28年11月10日 三修社

労働関係

  • 「改訂版 合同労組・ユニオン対策マニュアル」
    平成26年9月10日 日本法令
  • 「事例でわかる 労働審判手続の流れ&対応のポイント」
    ビジネスガイド 平成22年6月号 日本法令
  • 「行政による4つのあっせん手続きの内容と企業のとるべき対応」
    ビジネスガイド 平成23年2号 日本法令

その他多数 

弁護士 佐藤 量大

弁護士 佐藤 量大
東京弁護士会所属
平成25年2月 東京弁護士会登録

仕事において心がけていること

「鳥の目,虫の目,魚の目」
ご依頼者から相談を受けた時,視点を様々に変えながら,事案の全体像を的確にとらえて,個々の法的問題を把握し,解決の道筋を提案できるように精進していきます。

趣味

アルティメット
(フリスビーをボール代わりに使ったアメフトのようなチームスポーツです)
めまぐるしく攻守が交代する激しいスポーツであるのに,審判をおかずセルフジャッジで行うのが特徴です。

著書・論文(共著・監修を含む)

  • 「特定商取引法・景品表示法のしくみと対策」
    平成28年11月10日 三修社

弁護士 端山智

弁護士 端山智
東京弁護士会所属
平成25年10月 東京弁護士会登録

仕事において心がけていること

「依頼者本位で弁護士として活動することを心がけています。
具体的には,依頼者の方のお話を傾聴し,迅速に対応するように,努めております。

趣味

スポーツ観戦(特にヤクルトスワローズの大ファンです)

弁護士 髙橋顕太郎

弁護士 髙橋顕太郎
東京弁護士会所属
平成26年12月 東京弁護士会登録

仕事において心がけていること

事案を仔細にわたって検討し、依頼者の方の問題を自分や家族の問題と捉え、誠実なリーガルサービスを提供していきたいと考えています。
正確かつ明快な提案ができるよう日々研鑚しております。

趣味

ラグビー、ロードバイク、バイク
体を動かすことが好きなので、週末はスポーツをして過ごします。

著書・論文(共著・監修を含む)

  • 「特定商取引法・景品表示法のしくみと対策」
    平成28年11月10日 三修社

事務所案内

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-7-15 ベルテ・フォンタン 3F
東急東横線・大井町線自由が丘駅南口徒歩1分
TEL: 03-5731-5887 FAX: 03-5731-5889

  • 相談室
  • 相談室

KAI法律事務所のロゴの由来

KAI法律事務所のロゴ

KAI法律事務所は、御依頼者のお話に傾聴し、そのうえで最も良い解決の道筋を見つけ進んでいくことをコンセプトとしております。御依頼者の気持ち考えをまずすべて受け入れるという点が大海の奥深さに通じるところから、ハワイ語で海を表すKAIを法律事務所の名前としました。
ロゴは、その海のイメージに、依頼者に最も望ましい解決を目指すという意味で天秤を配したものです。

事務所地図